トップ / AEDが助けた命とその例

AEDで助かった事例

AEDの使い方は誰もが学校で習うものだと思いますが、実際使う日がくることを予想している人は中々いないと思います。ですが、人が目の前で倒れたときに、さっとこの機器を探しだして使った人は実はかなりいます。実際そのおかげで蘇生に成功する例もたくさんあります。AEDが必要な人は、日本国内だけでも一日に100人もいると言われています。せっかく習った知識を使わないままにして、目の前で人が亡くなるのは見たくないですよね。もしものときは、誰かに頼まれてからではなく、自分から機器を探しだし、誰かの命を救えるといいですね。

命を助けてくれた機器

今、学校はもちろんスーパーやショッピングセンターなどあらゆるところに設置してあるAEDですが、実際設置してある場所を注意深く観察している人は少ないかもしれません。この事実は、ある人々にとっては大きな意味をもっています。静岡県で1年前、突然心停止がおこり、倒れてしまった人がいました。この人は、近くにいた一般人のAEDでの心肺蘇生によって助かったそうです。この方の家族は、その一般の方にすごく感謝しています。もし、一人一人がどこに機器があるのかを注意深く観察していれば、助かる命はもっと増えることでしょう。

AEDの場所情報