トップ / 誰もが安全に使えるAED

誰もが安全に使えるAEDとは

AEDが普及する前は、従来の心臓マッサージといえば、体全体を使って人力で胸部を押すものでした。この方法は講習を受けている人でも難しく、場合によっては力を込め過ぎて肋骨を損傷させてしまうことも珍しくなかったのです。現在では胸部を圧迫する必要もなく、簡単な手順で使用できるAEDが、各大型施設に常備されているような時代となりました。ケースの蓋を開けると使用方法が書かれているため、講習を受けたことのない人でも即座に人命救助の手助けができるのです。

AEDの場所情報